+ F*s One Scene +

fukoi.exblog.jp ブログトップ

<   2006年 04月 ( 30 )   > この月の画像一覧

ジロボウエンゴサク2 ケシ科

Please click here!


伊勢地方で、スミレを太郎坊と呼び
この花を次郎坊と呼んで、花の距を引っかけて遊んだことから名付けられた。

距=花びらや萼片の一部が突き出して、細長い袋状になった部分。

エンゴサクの仲間は、細長いユニークな形のお花です。
群生しているところは、メダカの群れ泳ぐ様子にも似ていますね。


リサイズ表示しています。
画像をクリックしてクリアーな写真をご覧下さい。


八王子市
ジロボウエンゴサク(次郎坊延故索) ケシ科

c0027027_21521042.jpg
'060419


c0027027_21523286.jpg
'060418


c0027027_21525650.jpg
'060419


c0027027_21533690.jpg
'060419


c0027027_2154082.jpg
'060419

[PR]
by fukoi | 2006-04-30 22:22 | 八王子市

ジロボウエンゴサク1 ケシ科 

人気ブログランキングに参加しています。
只今、激戦中~~ 。 あなたのワンクリックでランキングUPします (*^-^*)/゜
↓_ρ゙(・・ )ポチッと一日ワンクリック(10ポイント)の応援をお願いします。

Please click here!


平地から山麓の草地や土手などに生える多年草。
分布は本州・関東以西~九州。
花は長さ2cmほどで、赤紫色だが、濃淡の変化が多い。

今年はいつもの場所にたくさんのジロボウエンゴサクが咲いたので
連日、撮影に通ってしまいました。

リサイズ表示しています。
画像をクリックしてクリアーな写真をご覧下さい。


八王子市
ジロボウエンゴサク(次郎坊延故索) ケシ科
c0027027_22361237.jpg
'060408


c0027027_22364676.jpg
'060417


c0027027_22371459.jpg
'060417


c0027027_22374129.jpg
'060417


c0027027_22381093.jpg
'060417

[PR]
by fukoi | 2006-04-29 22:44 | 八王子市

ヤマルリソウ3 ホワイト ムラサキ科

Please click here!


限りなく白に近いブルーとは違って、
本当に真っ白のヤマルリソウに出会うことが出来ました。
写真でしか見たことがなかったので、とってもうれしかったです。

大きな株と、まわりに小さな株もいくつか。。。
多年草で、何年もかかって大きな株になります。
去年のピンクのヤマルリソウのように
「心無い人に見つかって、連れて行かれませんように。。。」
と願うばかりです。


リサイズ表示しています。
画像をクリックしてクリアーな写真をご覧下さい。


ヤマルリソウ(山瑠璃草) ムラサキ科

裏高尾 '060416
c0027027_15474459.jpg



c0027027_1545545.jpg



c0027027_15453025.jpg



c0027027_15454713.jpg



c0027027_1546529.jpg


[PR]
by fukoi | 2006-04-28 15:58 | 高尾山周辺

ヤマルリソウ2 ブルー ムラサキ科

Please click here!


スミレ街道と呼ばれる林道の陽当りのよい斜面に
たくさんのヤマルリソウが咲きます。
瑠璃色のノーマルなヤマルリソウですが、
よく見ると色の濃いもの...薄いもの。
スミレと一緒に咲き、可憐さを競っていました。

リサイズ表示しています。
画像をクリックしてクリアーな写真をご覧下さい。


ヤマルリソウ(山瑠璃草) ムラサキ科

裏高尾 '060416
c0027027_1674071.jpg



c0027027_1682643.jpg



c0027027_169734.jpg



c0027027_1693048.jpg



c0027027_1610913.jpg



c0027027_16103556.jpg
with マルバスミレ

[PR]
by fukoi | 2006-04-27 16:19 | 高尾山周辺

ヤマルリソウ1 ピンク ムラサキ科

Please click here!


本州福島県以西から九州に分布。
山地の沢沿いなどに多い多年草。

園芸種の忘れな草の仲間で、可憐な花を付ける。
花は直径約1cm。
普通は名前の通りの瑠璃色だが、
稀にピンクや白色がある。


リサイズ表示しています。
画像をクリックしてクリアーな写真をご覧下さい。


ヤマルリソウ(山瑠璃草) ムラサキ科

裏高尾
c0027027_23323092.jpg
'060409


c0027027_23332467.jpg
'060415


c0027027_2334450.jpg
'060409


c0027027_2334313.jpg
'060409


c0027027_2335378.jpg
'060409

[PR]
by fukoi | 2006-04-26 23:37 | 高尾山周辺

ミヤマエンレイソウ ユリ科

Please click here!


別名 シロバナエンレイソウ (白花延齢草)
分布は北海道~九州まで。山地の樹林内に生える多年草。
エンレイソウ との違いは、
白い3個の花弁の外側に緑色のガク片が3個あるのが特徴。
花弁の先はとがる。

今年、初見の花です。
深山と言う名前が付いていますが、
エンレイソウと同じような環境で見ることが出来ました。

大きな葉にちょこんと1つだけの花。
エンレイソウより全体に大きく、白い花が印象的でした。
種から花が咲くまで、15年程かかるそうです。
小さな葉だけのものもあったので、
いつの日か花を咲かせることでしょう。。。

リサイズ表示しています。
画像をクリックしてクリアーな写真をご覧下さい。


ミヤマエンレイソウ(深山延齢草) ユリ科

裏高尾
c0027027_0131843.jpg
'060409


c0027027_0135343.jpg
'060409


c0027027_0145457.jpg
'060415


c0027027_0153076.jpg
'060409


c0027027_0155151.jpg
'060409

[PR]
by fukoi | 2006-04-25 23:59 | 高尾山周辺

ワダソウ ナデシコ科

Please click here!


山地の木陰に生える多年草。
長野県和田峠に多いので名付けられた。
高さ8~20cm。おしべは赤褐色。
花弁は5個あり、桜に似て先が凹んでいる。

リサイズ表示しています。
画像をクリックしてクリアーな写真をご覧下さい。


ワダソウ(和田草) ナデシコ科

八王子市
c0027027_2058295.jpg
'060408


c0027027_20584237.jpg
'060408


c0027027_213181.jpg
'060413


c0027027_20595113.jpg
'060413


c0027027_2059530.jpg
'060413

[PR]
by fukoi | 2006-04-24 21:11 | 八王子市

フタバアオイ ウマノスズクサ科

Please click here!

山地のやや湿った林床に生える多年草。
徳川家の紋 として有名な葵は、
このフタバアオイの葉を3個組み合わせてデザインしたもの。

茎は地面を這い、先端に2個の葉を出すことから名付けられた。
花は2個の葉の付け根に1個付ける。
花の大きさは、直径約1.5cm。
花弁のように見えるのはガク片で3個ある。

リサイズ表示しています。
画像をクリックしてクリアーな写真をご覧下さい。


フタバアオイ(双葉葵) ウマノスズクサ科

裏高尾
c0027027_1123711.jpg
'060415


c0027027_2258473.jpg
'060409


c0027027_113365.jpg
'060409

↓咲いたばかりの花のアップ
c0027027_1311190.jpg
'060409

[PR]
by fukoi | 2006-04-23 23:59 | 高尾山周辺

タチツボスミレ3 スミレ科

Please click here!


リサイズ表示しています。
画像をクリックしてクリアーな写真をご覧下さい。


タチツボスミレ(立坪菫) スミレ科


c0027027_2373922.jpg
八王子市 '060408


c0027027_23152242.jpg
八王子市 '060408


c0027027_2364151.jpg
高尾山 '060422


c0027027_2383766.jpg
小宮公園 '060408


c0027027_2385743.jpg
小宮公園 '060408


c0027027_2393041.jpg
小宮公園 '060408

[PR]
by fukoi | 2006-04-22 23:16 | 八王子市

タチツボスミレ2 スミレ科

Please click here!


1番身近なスミレなだけに、いろいろなシーンに出会います。
小さくても自己主張しているものや、群生しているもの。
色々な表情があって、それぞれに魅力的です。

リサイズ表示しています。
画像をクリックしてクリアーな写真をご覧下さい。


タチツボスミレ(立坪菫) スミレ科

裏高尾 '060415
c0027027_195087.jpg



c0027027_1953853.jpg



c0027027_1964433.jpg



c0027027_196312.jpg


色白のタチツボスミレに出会いました。
オトメスミレは花が白色で、距の部分に紫色を残すもの。
距の部分まで、白色なものはシロバナタチツボスミレです。

このタチツボスミレは花にストライプを残しているから、違うかな。。。
c0027027_1992940.jpg



c0027027_1918827.jpg


[PR]
by fukoi | 2006-04-21 19:24 | 高尾山周辺
line

* サルトリイバラ *      Photo by D90   画像をClickしてご覧下さい


by fukoi
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite